本屋で働きだしてから腰痛に悩まされるようになりました

本屋で働きだしてから腰痛に悩まされるようになりました

本屋で働きだしてから腰痛に悩まされるようになりました

私は慢性的な腰痛です。

 

元々は腰痛とは無縁の人間でしたが、今の職場で働くようになってから腰痛に悩まされるようになりました。

 

今の職場は本屋なのですが、職場のほとんどの人が腰痛もちです。
なぜ本屋で腰痛にと最初は思いましたが、原因はしばらくして分かりました。

 

本屋に入ったとき、膝から腰ぐらいの高さの平台と呼ばれる台の上に色々な本が並べてあると思います。
あの平台に本を並べたり、整理、検品を行う時はほぼ腰を曲げて中腰で作業しなければなりません。
その作業を毎日、何時間も行えば、大抵の人は腰に負担を感じます。

 

もう一つの原因は、本を運ぶという作業です。
本は一冊だとそう感じませんが、段ボールいっぱいに本が入っていると、なかなかの重さになります。
その段ボールを1日に何箱も運ぶと腰にかなり負担になります。
特に、何も考えないで一番下の荷物などを運ぼうとしたら、腰にぴきっと激痛が走ります。

 

私は、ぎっくり腰にはなったことはありませんが、先輩のなかには立てなくなって数日仕事をお休みする方などもいらっしゃました。

 

慢性的に痛みが続くので、一度整形外科に行ったことがあります。
病院でもやはり単なる腰痛と言われ、薬とコルセットを渡されました。
このコルセットが思いのほか私には効きました。

 

腰を曲げずに固定してくれるのがいいのか、着けてる時とそうではない時では痛みが全然ちがいます。
そして、普通にお店で買うよりも病院で渡されるコルセットのほうが断然安いです。

 

ただ、夏場は着けていると蒸れるという難点があり、よっぽど痛い時しか着けません。

 

足のしびれはきついですが、今の仕事を大変気に入っているので、もうしばらく腰痛を我慢して働こうと思います。
足のしびれを自宅で簡単に改善する方法

洗顔方法

ホーム RSS購読 サイトマップ